バンギャルが世間とのズレを感じる瞬間5つ

■1.世間で言う金髪は茶髪

バンギャルにとっての金髪は、何度もブリーチを重ね、白に近くなった髪色のことです。なので、世間で『金髪』と呼ばれる髪色は、バンギャルにとっては茶髪。筆者も昔、茶髪にしようと思い、就活で真っ黒にした髪を2回ブリーチした後、ピンクベージュを入れて当時の職場に出社したところ、上司から「金髪」と指摘され、黒に染め直した痛い思い出があります……。

■2.ナチュラルメイクの人がすっぴんに見える

ばっちり化粧をしたバンドマンを見慣れているせいか、バンギャルの多くは化粧が濃くなりがち。実際、濃い化粧が似合うバンギャルも見受けられます。それゆえ、世間のゆるふわナチュラルメイク女子がすっぴんに見えてしまったり、就活などでナチュラルメイクが必要な際はどうメイクすればいいのか分からなくなったりしまうことも。また、無事ナチュラルメイクができたとしても、鏡に映った自分が自分じゃないような気がして恥ずかしくなって、早くいつものメイクに戻したいと思ってしまいます。

■3.旅行の支度が速い

遠征を多くするバンギャルは、遠征グッズを用意しているので、旅行に行く事になっても支度が速いです。ですので、一般人と旅行に行く際、『まだ荷造りができていなくて…』と言われると、なんでこんなに遅いんだろうと思ってしまうことも。特に、洗面道具などはまとめてキャリーに入れてあり、いつでも使える状態にしてあります。遠征に慣れているバンギャルは、すぐに荷物をまとめてどこへでも出かけられるフットワークの軽さが身に付いています。

■4.全通、または行けるライブは全て行くのが普通になる

一般人だと、歌手やアイドルのコンサートに年に数回行ければ満足する方が多いと思います。しかしバンギャルは全通(全部のライブに行く事)や、行けるライブは全て行きます。ですので、多い人だと年間100本以上のライブに行くのはざら。一般人に何気なく「今日ライブ行くんだ」と言うと、「また!? こないだも行ってなかった?」と驚かれます。そこで、世間一般の人がコンサートに行く回数と自分のライブ参戦本数の差に改めて気付くのです。

■5.CDが売れない時代とは縁がない?

音楽はダウンロードして聴くのが当たり前になった今、世間ではCDが売れない時代です。しかし、バンギャルにとってV系の音源(V系用語でCDのこと)は複数買いが珍しくありません。まずライブ会場等で発売日よりも前に売られる先行発売で1枚、初回限定版を1枚(インストアイベント券のために買う理由も含む)、通常版を2~3枚(店鋪ごとに別の特典をゲットするための複数買い)を購入するので、最低でも同じ音源を3枚買うことになります。CDが売れない時代と嘆かれていますが、こうやって音源を複数買いするバンギャルにとって、あまり縁のない話かもしれません。

■おわりに

いかがでしたか? バンギャルの皆様はうなずける項目もあったのではないでしょうか。世間とのズレを感じることもありますが、あまり気にし過ぎず、バンギャル人生を謳歌してくださいね。

バンギャ&ドルオタ必見。ライブを管理できる「バンギャル手帳」がマジで便利すぎ

バンギャな皆さまも、アイドルオタクな皆さまも、その他諸々「ライブ」に通いまくる方々に聞きたいんですけれども。
ライブにまつわることって本当にめんどくさくないですか。

例えば誰がチケット手配して、誰が精算済で、チケット重複したならそれは誰がどうさばくか、遠征に行くなら誰が交通手段を確保して宿を確保して……。

なんて、ライブに行く回数が多ければ多いほどこんがらがって、「あ、半年前のチケ代もらってないけど今更言うのもな……」という精算ミスも発生する。ああめんどくさい。ライブは楽しいのにその前後の管理が非常にめんどくさい。

そんなライブ大好き人間のために生まれたのが「バンギャル手帳」です。

「バンギャルによるバンギャルのためのバンギャル手帳」と銘打たれておりますが、バンギャじゃなくてドルオタな私も「心底欲しい」と思ったのでちょっとご紹介させてくださいませ。

まず表紙がチケットなどやPASS。わかってます。(その他シンプルなもの含め、10パターン以上の中から好きなものから選べます)

システム手帳なので、使いたいページだけ取り外したり、使いやすい順番に並び替えたり、さらには「こんなページが欲しい!」と思ったら自由に付け足したりと、使い方は無限大。

 

年間&月間スケジュールはもちろん、ライブ参戦記録、チケット管理+遠征手配記録、取引管理やインストアイベント管理、交通&宿泊レビュー、各種サイトのID・パスワード管理、FCリストにアドレス帳、日本列島白地図と、「そうそう、それが欲しかったんだよ!」というページがぎゅぎゅっと詰め込まれています。

この手帳は

1.スマホがなくてもライブに行って帰ってこれる
2.ライブ1回あたりの費用を正確に把握できる
3.1年間どれだけライブに行き、どんな気持ちだったのかを振り返れる
4.様々な失敗や経験を記録に残し、今後のライブライフに活かす

という4点をテーマに作成されています。心強すぎ。

「チケット管理+遠征手配」はチケット代や同行者、そして交通管理がライブごとに見られるようになっており、「ライブ参戦・遠征ページ」は持ち物リストや予算リスト、簡単なレポをメモれるように……と、「そう、そう、これが欲しかったんですよ……!」と記入例を見るだけでそれこそヘドバンレベルにうなずけます。

 

この「バンギャル手帳」は、ヴィレッジヴァンガードオンラインにて先行発売中。2016年10月中旬~下旬のお届けで、すべて2017年1月からの手帳になっています。

バンドギャルが短期で稼ぐなら脱がないオナクラなどの求人

バンドギャル生活を続けたいけどお金と時間が・・・
という女性は短期バイトや在宅の副業で資金稼ぎ!
短期で高額を稼げる風俗求人はバンドギャルのライフスタイルにぴったし

バンドギャル(バンギャ)とはヴィジュアル系バンドをメインに、特定のバンドのことが何よりも好きという女性のことです。

大好きなヴィジュアル系バンドのバンドギャルをこれからもずっと続けたいけど、減り続けるお金や仕事の関係でバンドギャル活動に使えない時間で悩んでいる・・・という女性は日本全国にたくさんいると思います。

バンドギャルの女性の生活スタイルというか、特徴としては

好きなヴィジュアル系バンドのCDやグッズは欠かさず購入する
ライブツアーがあるときは遠くまで遠征してでも参加する。できるなら全通したい
メイク・髪型・髪色や服装がバンドギャルならではの雰囲気(派手髪)になる
メイクやファッションに凝るからお金がかかる
このように、ヴィジュアル系バンドが生活の中心にあるので、とてもお金がかかります。

中には好きなバンドの全国ツアーがはじまる度に長期遠征するために働いてるバイトを辞めるという強者もいます。

ここまでのめりこむと仕事も手に付かないので、普通の社会人として生活していくのはかなり難しく、結果的に風俗嬢として働くバンドギャルがたくさんいます。

派手な髪色や髪型でも風俗バイトなら許される部分がありますし、刺青などがあってもOKなお店が多いです

バンドギャル女子を歓迎してくれる優良店求人情報はコチラから

バンドギャル歓迎の風俗店

バンドギャルの基本的な用語集
バンドギャルにはファン同士の間で共有されている色々な用語が飛び交っています。

内容を理解すると、話の内容も理解できて、よりバンドギャルライフを満喫できますので、ここで基本的な用語集をまとめてみました。

「オキニ」
バンドメンバーから気に入られているバンドギャルの事を指します。
「オキラ」
バンドメンバーから嫌われているバンドギャルの事を指します。
「仕切り」
ヴィジュアル系のライブはワンマンではなく対バン形式の時などは、演奏するバンドが入れ替わりますので、その都度そのバンドのファンが最前列にいけるように交代で譲り合う風習があります。その交渉を「最前交渉」といいますが、トラブル回避のため最前交渉を取りまとめる「仕切り」という、選ばれたチームリーダーのような存在の事をいいます。
「蜜」
メンバーに貢いでしまうファンの事です。機材費やスタジオ代、生活費など全てを出している「蜜」も存在します。
「本カノ」
その名の通り、「蜜」や「セフ」ではなく、メンバーとちゃんと付き合っているバンドギャルの事を指します。
「セフ」
メンバーと個人的に体の関係を持っているバンドギャルです。「本カノ」にはなれないけど、体の関係だけはあるといった状況です。「蜜・セフ・本カノ」はそれぞれが独立しており、「麺(バンドメンバー)」はそういった存在がホストさながらに複数いる場合もあります。
何かに依存しやすい女性が多いという点は風俗嬢とバンドギャルは共通する
アラサー・アラフォー以降の女性モデルイメージ

風俗嬢になる女性はホスト遊びに依存している人が多く、ホストに貢ぐお金を稼ぐために風俗の仕事をはじめたり、そもそもホストクラブに売り掛け金(借金のこと)を作ってしまったことが理由で風俗の仕事をはじめたというパターンがとても多いです。

実はこのパターンはバンドギャルにもあてはまり、ヴィジュアル系バンドに精神的に依存してしまい、尽くすために遠征してまでツアーに行ったりCDやグッズを大量に購入するのはホストクラブにはまる女性と構造はとてもよく似ています。

しかしホストもヴィジュアル系バンドも結局は自分の手に入らないので、悩んでメンタル的に病んでしまい、リスカ(リストカット)したりうつ病になってしまう女性が風俗嬢やバンドギャルにはたくさんいます。

恋愛などのような、何かに依存しやすい体質
依存していると安心する性格
うつ病
この3点は三角形のような構造になっていて、うつ病が原因で何かに依存するのか、依存しやすい人が鬱になりやすいのか、このあたりは何とも言えません。

ただ、バンドギャルや風俗嬢の生活は

OLや派遣社員と比較すると生活サイクルが不規則
将来の安定が期待できない
急な休みや長期の休みが取りやすい
時間の融通かかなり効く
趣味に関することで出費が多い
などの共通点があります。

つまり、バンドギャルが風俗嬢になるのは、そもそも生活スタイルが似ていて相性がかなりいいからなのかもしれません。

ここからはバンドギャルを続けながらできる風俗バイトの中でも特にバンドギャルに向いていそうな仕事を詳しく紹介していきます。

完全自由出勤のバイト

完全自由出勤なら気が向いた時や、暇な時にだけ限定して働くことができます。

普通のバイトを掛け持ちしながら働くこともできます。

待遇など融通がきく高収入求人情報はコチラから

完全自由出勤制のバイトには

チャットレディ
オナクラ
出会い系アプリのキャッシュバッカー
などがありますが、中でもオナクラが特におすすめです。

オナクラは男性とおしゃべりすることが仕事です。

自宅で好きな時間に働けるので時間の融通がききます。

ただ時間の融通がきくだけでなく、時給もテコキあり系とテコキ系NGで差がありますが、最低でも4,000円くらいはもらうことができます(ただし完全歩合制)。

ややコミュ障気味だという女性は、コスプレするだけで済むオナクラとして働くことができます。

オナクラの求人関西(大阪 梅田 日本橋 十三 難波・神戸 福原・京都)はこちら

その他チャットレディは通話・チャットだけでなく、メールでも稼げますのでバンドギャル活動以外は家に引きこもっているという女性は是非チャレンジしてみてください。

しっかりと時間を使えばバンドギャル活動の足し位にはなります。

短期で稼げるバイト

風俗系のバイトは普通のバイトより短期間で辞める人が多いです。

そのせいか、そもそも最初から短期間しか働きません、と伝えても合否にあまり影響がありません。

1週間?4週間くらいの期間働けるのであれば全く問題なく働かせてもらうことができます。

入店する前から短期で働きたいを希望を出している女性を歓迎してくれるのは

デリバリーヘルス
ピンクサロン
などで、逆に短期希望の女性を歓迎してくれないのは

セクキャバです。

※ライブチャットは短期でも何も問題ありませんが、今回は省きました

短期の女性を歓迎してくれるお店には

基本的に男性の利用客が多い
男性の回転率が高い
男性の一回の利用料金がそれなりに高い
このような共通点があります。

やはり男性客がたくさん利用するような風俗店では猫の手でも借りたいという様な状況ですので短期の女性でも歓迎してくれます。

ただ、事前に期間が決まっているのであれば最終出勤日を伝えておいてください。

歓迎してくれないのはキャバクラやガールズバーで、どちらも男性客をお酒を飲みながら接客するお仕事です。

ガールズバーならまだしもキャバクラで短期はかなり難しいです。というのもキャバ嬢の仕事は男性と仲良くなってたくさん来店してもらうことなので、短期ではお店にメリットがあまりありません。

短くても3ヶ月程度は在籍して欲しい、というのがキャバクラ店側の本音だと思います。

日本全国を移動しながら稼げるバイト
タトゥーありの風俗嬢

風俗店には出稼ぎで働いている女性が実はたくさんいます。

全国の出稼ぎ優良店求人情報はコチラから

家出、気分転換、友達・知人への顔バレなどを気にせずに集中して短期間で稼ぎたいから、など理由は個人個人で様々です。

風俗店もそんな女性のために寮を貸すなど、サポート体制が充実している風俗店がたくさんあります。

短期間でも出稼ぎすることができるので、自分で綿密に複数店舗への出稼ぎスケジュールを組めばバンドの全国ツアーの日程に合わせて日本全国を転々とすることができます。

しかも出稼ぎ先までの交通費(新幹線代、飛行機代)は、出稼ぎ先の風俗店が負担してくれます。

なので上手い具合に出稼ぎ先のお店が見つかれば

好きなバンドの日本中のライブツアーに参戦できる
風俗店で働くのでライブチケットやグッズの購入費用を稼げる
空いている時間に観光もできる
移動交通費をお店に負担してもらえる
というとても大きなメリットがあります。

ただ、出稼ぎ女性を歓迎してくれるのはソープランドやデリヘルなどハード系のお仕事が多いのが難点です。

とはいえソフト系(手だけ、見るだけなどの高額バイト)でも出稼ぎ女性を受け入れてくれるお店はありますので、ハードとソフトを組み合わせながら日本全国津々浦々で働くのがいいかもしれません。

求人は高収入系のサイトで、条件をしっかり選んで見つける
ここまで簡単に説明してきましたが、紹介した高収入の仕事はネットで簡単に探す事ができます。

どのサイトも仕事検索という仕組みがあって

完全自由出勤
短期OK
遠方からの応募OK(出稼ぎOKということ)
在宅勤務可
派手髪OK
などの条件を打ち込めば簡単に仕事が見つかります。

もしこだわりの条件があって、その条件を満たすバイト先が見つからない場合はQプリやぴゅあじょのようなスカウト型の求人情報サイトに登録してください。

写メとプロフィールを登録して、絶対に譲れないこだわりを自己PR等に記載しておきましょう。

それを見た風俗店の採用担当者からスカウトメールが来る仕組みになっていますので、自分でお店を探す手間がかなり省けます。

是非自分に合った条件の仕事を見つけてバンドギャルライフを満喫してください。

たとえオバンドギャルと呼ばれる年齢でも需要は絶対にあります。

余談ですが、バンドマンがツアーで御用達のキャバクラや風俗店を事前に調べてから求人に応募して、ツアー時に来店を待つという強者もいるようです。

さすがにそこまでするのはどうかと思いますが、運が良ければそういったところで目当てのバンドマンと関係を持てるかもしれません。